Street Spirit ~すとすぴ~

日頃の雑記 音楽 スポーツ観戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

数式を見すぎる毎日

というのもベネッセの採点のバイトしてます。
って言っていいのかこれ?いいよな。
確かどの学校の採点したとか、どの学校全然できてないとか言わなきゃいいと思う。
めっちゃ時給安いけど休憩いっぱいだし休憩時間も賃金貰えるのが最高です。
時間も行きたいときに好きなだけ行けていいです。
まぁ目が疲れるわ。

ミスチル熱も飽きました。
でも飽きるほど久々にどっぷりハマりました。
でもやっぱりI (ハート) U以降が微妙です。ぶっちゃけハマれない。
SIGNだけは素晴らしいけどさー。
2001年のポップザウルスのツアーのDVD観てみ?
深海→Tomorrow never knows→Hallelujah→花の流れは圧巻だし、桜井全盛期の歌唱力これこそって感じです。歌唱力云々で言えばTomorrow never knowsとHallelujahは凄い。
シフクノオトのツアーDVDのTomorrow never knowsと見比べると差が凄い。2001年が神がかってるんです。
あと、最近どうもミスチルの曲って気楽に聴けないの多い気がします。とくに『しるし』とか『旅立ちの唄』とか、良い曲だとは思うけどくどい。
いや、ミスチル好きですけどね。

久々にくるりの『ワルツを踊れ』を聴く。
2曲目の『ブレーメン』はすごい。この曲聴くと、ウィーン行ったことないけど、あの辺のヨーロピアンな町並みの風景がふわわ~んって浮かんできて、西洋っぽい香りまで香ってくる気がする。あの曲のラストの変調しての駆け上がりが最高に気持ち良い。こう、春先の街中の坂道をガ~って自転車で下ってるかのような感じがする。結構言い過ぎ?
そして3曲目の『ジュビリー』。これはもっと凄い。やっぱチオビタの菅野美穂が凄い。ちゃうちゃう、でもあの菅野美穂は最高傑作のひとつですけど。で、『ジュビリー』は凄い。やはりこのアルバムの核中の核と思う。サビが素晴らしすぎる。

情熱大陸は小栗旬だった。本当に彼はカッコいいな。
GTOではいじめられて自殺しようとしてたのに。
しかも次週に続く二本立てって…凄いなぐりしゅん!

ガリレオ
先週の香取慎吾とのバトルはしょぼい気がした。ただ被害者女性が蒼井そらだった。
ってかラストの香取の「やっぱりあの人には叶わない…!」ってのが臭すぎた。そこが面白いと感じた。
逆に今週のは俺は好き。ああいう哀しい犯行に弱い気がする。
あと回を重ねる毎に、福山演じる湯川先生のキャラにどっぷりなんだけど。あの偏屈さはマネしたくなる。
視聴率が高いらしく、映画化も決定したそう。シリーズ最長の話を映画化だってさ。

SP
2話目は面白くなった。次回に続くのが良い。
さすがに1話はしょぼすぎる。
次週予告が面白そうだったから期待。
ってかショートヘアの真木よう子が素敵すぐる。彼女にハマった。
って、この人オダギリの映画『ゆれる』に出てた人か!
ショートヘア似合いすぎ。
スポンサーサイト
[ 2007/11/13 04:02 ] 雑記 | TB(0) | CM(4)

今期ドラマ

7~9月と比べると良作が多いですね。
ってか前回はほとんど観てない。
何を観てたか思い出す…も…『パパとムスメの七日間』くらいじゃないか?

観てるもの

『ガリレオ』
回を増すごとにしょぼくなっていってる。
初回は古畑みたいに毎回犯人役に大物ゲストを抜擢していくのかと期待したんだけどなぁ。
でも次回は香取慎吾とのバトルで再加熱しそうな雰囲気。

『暴れん坊ママ』
大泉目当てです。でも上戸彩ってかわいいね。
1話では園ママの世界が不快でしかなかったけど、2話からは感動要素が加わり、毎度ラストはなんだかいいドラマだなぁ~って思っちゃう。
子役のパーマ少年も可愛げがあって良いし、園ママのドンのともさかりえも意外にハマり役。
東幹久の役が相変わらずバカで助かる。

『働きマン』
そりゃー菅野美穂大好きなんだから観るやろ!
ってわけでもち観てます。これもたまーにふざけたカットとかがあって面白い。
菅野美穂が納豆まきかじってぐるぐる回すシーンが毎回好きです。
あとあのEDは最高だな。
「きょうも~はったらきはったらきはったらく~♪」
って一緒に歌ってしまうw

『ドリーム☆アゲイン』
土曜9時らしいのが久々に戻ってきたじゃないか!
反町は依然としてカッコ良い。そして面白い。
これは真面目に観ても結構感動してしまうし、といってふざけて観てもとても面白いしで、一番アツいドラマかなぁ。
結構意外な人が登場してくるのも楽しい。

『SP』
昨日が初回と遅めのスタート。
なんつーか、日本でこの手のドラマはやっぱりなぁ…って感じ。
岡田はカッコいいんだけど、どうも現場がしょぼすぎるだろーって。
内閣総理大臣を恨むなんかワケありな過去がありそうですね。


と、いうわけで結構観てます。大学忙しい中ね…。
一押しは『ドリーム☆アゲイン』かな。
内容は面白いし、相変わらず反町はカッコいいしで良い良い。
あと『暴れん坊ママ』は意外に良作になると踏んでます。
[ 2007/11/04 16:27 ] 雑記 | TB(0) | CM(3)

楽しく生きて行くImageを

久々にMr.ChildrenのシフクノオトのツアーDVDを観てました。
序盤で演奏される、99年発売のアルバム『Discovery』のラストトラックの『Image』が圧巻。
あの1度限りのサビは本当に素晴らしい…。

明日はIt's a wonderful worldの公演のDVDを観よう。
今日久々にミスチルの流れきました。

そういやCMで『いつでも微笑みを』が流れてますね。
それでかな。懐かしい。

さらにそういやで、『深海』聴いてたら、歌詞の「今じゃ死にゆくことにさえ憧れるのさ」ってとこに惚れてたなーとか思い出した。
[ 2007/11/04 04:41 ] 雑記 | TB(0) | CM(3)

さざなみ 耳当たりのよろしいこと

本日2記事目。

中日の優勝見た。
中村って幸せだなーって思った。
ああいう涙ってずるい。
良かったなぁ。

スピッツの新譜、『さざなみCD』にすっごくハマってます。
もう一日中リピート、脳内でもリピート。
凄く良いなぁこのアルバム。

どの曲がシングルかもわからんくらいに1曲が素晴らしい。
いや、シングルわかるけどさ。ってかシングルは聴けば聴くほどありがたみがわかる感じ。
『魔法のコトバ』なんかは最近のじゃ名曲の部類に入るなーってのは初めから思ってたけど、『ルキンフォー』の深いこと深いこと。最新シングルの『群青』の軽快さも素晴らしいし。ベースラインなんて『群青』が気持ち良すぎるし。

ただやっぱね~アルバム曲が凄く良いな。
1曲目の『僕のギター』からサビの引き込む力が凄いし、2曲目の『桃』なんて聴いた瞬間スピッツ!って感じのお得意の曲調の名曲だし。
とにかく『Na・de・Na・deボーイ』、『不思議』、『点と点』、『P』、『トビウオ』、『ネズミの進化』とどれもいいんだよなー。
『不思議』はシングルのような楽曲だし。
でもやっぱアルバムのタイトルにもなってる『漣』って曲が本当に深い。そしてそのままラストの『砂漠の花』。
スピッツって良いアルバム作るな~って再認識。ってかこんなにスピッツのアルバムひとつを聴きまくったのは初めて…と思う。
ライブ行きたいなー。
『僕のギター』、『桃』、『漣』、『砂漠の花』が好きだなー。
[ 2007/11/02 00:09 ] 雑記 | TB(0) | CM(3)

バンドはなくなっても、曲は死なず つづき

先日Ken Yokoyamaのワンマンライブに行った。
もちろん最高だった。ってか今まで味わったワンマンで一番楽しかった。
昔から好きで、ようやく拝めたって感じだったし。
もう神々しかったです。でもなんか身近にも感じるお兄さんでびびった。

で、一度ライブ終わってハケて、アンコールで出てきて数曲やってくれるわけだけれど、リクエストに応えてくれるってなったので、周りからは「WALK!」って言ってる人がチラホラ。
あ!WALKだ!って俺も思って、あんまりライブんときとか叫んだことなかったけど「WALK!」って叫んだ。何度も叫んだ。
『WALK』は大好きだったHUSKING BEEの1stアルバムの名曲で、去年出たハスキンのトリビュートで健がこの名曲をさらに名曲にカバーしてたんです。
でまぁ「WALKはキー高いからな~」とか言いながらも『WALK』やってくれて、もうやばいくらい感動した。

このタイトルは今年のなんかのフェス(たぶんスウィートラブシャワーかな)で健が『WALK』を演奏したあとに言った台詞。
「バンドはなくなっても、曲は死なず」
いいなー。
[ 2007/11/01 23:44 ] 雑記 | TB(0) | CM(3)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。